ナンパ

【勝率大幅UP!】最もナンパが成功しやすい状況とコツを伝授!

更新日:

あなたはナンパ、成功してますか?

どんなに凄腕のナンパ師だって100発100中は絶対に無理です。

でもやたらナンパが成功してる人っていませんか?

今夜、この前ナンパした女と飲み行くんだ!

マジかよ!なんでナンパ成功すんの?俺なんかまったく成功したことないのにっ! 親父にもぶたれたことないのにっ!!

私の周りにはこんなやり手が数人います。笑

あなたはナンパって言うと、どういうのを想像しますか?

街中でたむろして、かわいい女の子が通ったらすかさず声をかける。

いわゆるストナン(ストリートナンパ)を想像することでしょう。

で、これを想像して成功するイメージが沸きますか?
私は沸きません。笑

ナンパにもコツがあるんですよ。
なので今回はナンパのコツについてお話していきたいと思います。

成功しやすい状況でナンパしろ!


ナンパには成功しやすい状況と失敗しやすい状況があります。

ナンパの成功率を上げていくためには、この成功しやすい状況でナンパを積み重ねていくことが最も近道なんです。

では、ナンパが成功しやすい状況とはどのような場合なのでしょうか。

1人じゃない

ナンパと言えば、女の子が歩いているところに声をかけて連絡先聞いたりお茶(飲み)に行ったりするわけですがこれは正直難しいです。

例えば新宿の歌舞伎町近辺なんかを歩けば、イケイケ系の男たちが1人で歩いている美形女子によく声をかけています。

まぁこれはほとんどがただのキャッチなんですが、大体が失敗に終わります。

女の子ってね、我々男が想像してる以上に結構男のことを警戒しています。

これはかわいければかわいい子ほど顕著です。

子供の頃、よく言われましたよね。

「知らない人についていっちゃダメよ」って。

大人の男は、もう親からこんなこと言われないと思いますが。

皆さんも知ってる通り子供もそうですが、女性も社会的には弱者なんですよ。
男尊女卑とかじゃなくて、生物学的な意味です。

女の子だってそれを本能的にわかってるし、この物騒な世の中でいきなり正体不明の男に声をかけられてホイホイついていく子ってのはそうそういません。

だけどこれがお互いに複数人だった場合、警戒心が緩和されます。

女の子も友達と一緒なので「1人じゃない安心感」がありますので心を開いてくれやすくなります。

それともうひとつが、実は男も友達といることで女の子に安心感を与えられるんですよ。
考えてみてください。

●1人フラフラしている男
●友達と2人で街で会話している男達

どっちが正体不明に見えますか?

普通に1人で街にいる人のほうが、不信感ありません?笑

ナンパは女の子の警戒を解くことは非常に大事なことなので、可能な限り不信感を取り除いてあげることが重要です。

そして1対1のナンパに成功しやすいのはあくまでイケメンです。

イケメンじゃない男がやっても失敗することが多いでしょう。

ナンパスポットでナンパする

あなたはナンパをする時にどんな場所でしますか?

ナンパってのはどこでも出来るけれど、する場所によって成功率は大幅に変わります。

例えばディズニーランドにいる女の子2人組みと、クラブで踊っている女の子2人組とでは、どちらがナンパが成功しやすいと思いますか?

誰が見てもわかるように、クラブで踊っている女の子達の方が成功しやすいです。

ディズニーランドにいる女の子は「ディズニーランドを楽しむ」という目的があります。

そしてすでにその目的を堪能していることでしょう。

そんな時にわざわざ知らない男と絡む必要がありません。

その点、ナンパスポットとして有名な場所であれば成功率はアップします。

ナンパスポットとして有名であればあるほど、その気のない女の子達はなるべく近づくのを控えます。

もちろん、ナンパされる気はなくてもその場に用があって訪れる女の子はいますけどね。

しかしナンパされることを前提としている、いわゆるナンパ待ちの女の子が現れるのも事実です。

最初から脈のある子をナンパできれば、そりゃナンパ成功率はグンと上がります。

大衆居酒屋

大衆居酒屋は比較的ナンパが成功しやすい場所です。

普通の居酒屋やバーと違って、客同士の距離が近いしゴチャゴチャしているのが大衆居酒屋の特徴です。

大衆居酒屋で飲んでいる女の子は、基本的に知らない人とでも絡むのが得意な人が多いです。

知らない人と壁を作るタイプの女性はそもそも大衆居酒屋みたいな場所はあまり好みません。

隣の席に女の子がいたら気軽に絡んでみましょう。
一緒にお酒を飲めることが多いです。

酔っ払っている女の子

もうこれは説明する必要もあまりありませんが。笑

酔っぱらっている女の子は鉄板ですね。

シラフの女の子でもナンパはもちろんできますが、酔っ払っている子の方がハードルは下がります。

それに普段ナンパをしない人は、相手がシラフじゃない方が声もかけやすいですよね。

酔っ払っている女の子がいたら積極的にナンパしましょう。

自分もほろ酔いの時

これも結構重要です。

私もナンパをする時は基本お酒を飲んでからします。

なんでしょうね、気合入れて仕事する前のレッドブルみたいな感じでしょうか。笑

やっぱ軽くお酒が入っている方が自然にテンションも上がるし、面白い冗談とかが出やすいんですよ。

それにナンパって知らない人に話しかけたり、失敗した時に若干メンタルがやられたり、精神的に結構疲れると思うんですよね。
(私の場合慣れてるし「はい次」ってなるので、メンタルはやられませんが)

お酒を軽く飲んでおくことでリラックスした状態でナンパできるし、気持ちも楽なんですよね。

ナンパに慣れてない人には得にオススメです。

ただし、勢い余って泥酔しないでくださいね。
ナンパではなく、ただの絡み酒になってしまいます。笑

最もナンパが成功しやすい状況とは?

「大衆居酒屋やナンパスポットで飲んでいる2~3人の女の子に、自分達もほろ酔いの状態で声をかける」

ズバリ、最もナンパが成功しやすい最強の状況はコレです。

勘違いしないで欲しいのは、ナンパなんて失敗して元々なんです。

ナンパに成功している人ってのは、水面下ではその何倍も失敗してるんですよ。

ようは球数勝負です。

下手な鉄砲も数うちゃ当たる。
この言葉はナンパのために出来た言葉ですよ?
(ウソです)

最もナンパが成功しやすい状況で何回も挑戦すれば、誰だってナンパは成功します。
いやほんとに。

一回失敗したからってめげないでください。
続けていれば必ず成功しますから。

そしてその成功を積み重ねることで自信がつき、さらにナンパが成功しやすくなっていきます。

こうなれば、あなたは立派なナンパ師ですよ。

それではまた別の記事で!

-ナンパ
-,

Copyright© 【イケメンじゃない男】に贈る合コン必勝法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.